リサイクルの重要性を知ってもらう

体感型は家族で楽しむこと

リサイクルを体験するために前段として言えるのは、家族で楽しむことです。
子供は親の反応をつぶさに観察しています。時には親の感想を真似て、そのうちにそれが自分の感想だと刷り込み式に覚える子供もいます。
リサイクルを学ぶ場合には家族と一緒に、ともに楽しむことを大切にしましょう。
こうした環境があることで子供はよりリサイクルに関しての興味を持ちます。
そしてその興味が次の意欲につながります。
リサイクルを楽しむだけでなく、そこから何ができるか発展させることはとても重要です。
親の意見としてもそこから子供が学んでくれることは効果的に嬉しいものではないでしょうか。
どんな遊びであっても、親が一緒に楽しむことが遊びの上で大切なポイントであることを忘れてはいけません。

身近なもので工夫する

身近なものを使って楽しむことを知ることは子供の情操教育に大変効果的です。
例えばわりばしやペットボトルを利用した遊具づくりは想像力を深めるのに効果があります。
割り箸を利用して、輪ゴム銃をつくったり、ミニチュア模型を工作することを知れば「次は自分で何を作ってみようか」という意欲につながります。
またペットボトルで、災害時にも使えるランタンづくりを体感したことで、災害に関して考えることにもつながります。
こうして身近なものから想像力を深めることは、成長する過程においてなくてはならないものです。
家族で身近なものに触れながらモノの大切さや災害時のポイントなどを話し合うこともできます。
リサイクルにより遊ぶことが、自分の身を守るノウハウを身に着けるすべにつながることにもなり得るのです。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る